ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > 大会エンブレム(ロゴ)

大会エンブレム(ロゴ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016.10.15

開催地紹介 大会エンブレム 大会スローガン 大会マスコット 大会イメージソング

official emblem

ロゴ全体の形状は、北海道の形を表しています。
また、北の夜空に光る「北極星」、「雪の結晶」や「冬の風」もイメージしたものです。

外側(円弧)の青色は、寒い冬を象徴し、
内側(中心のOCA SUN(アジアオリンピック評議会のシンボル))は熱い情熱を象徴しており、
寒い冬であっても熱い情熱が内に秘められていることをイメージさせます。

5本の円弧は、今大会で開催される5つの競技
(スキー、スケート、アイスホッケー、カーリング、バイアスロン)を意味し、
スピード感・躍動感ある「アスリート(競技者)」が「滑走」するイメージを表現し、
これらを組み合わせたものとなっています。

また、もう1つの意味として、
アジアの5つの地域(中央アジア、東アジア、南アジア、東南アジア、西アジア)
から人々が開催地(札幌、帯広)へ結集し、協力して大会を作り上げていくという意味。
更には、中心にあるOCA SUNが象徴するOCAの元へアジアの5つの地域が結集して、
協力するという意味も込められています。

円弧は、中心へ集まる以外に外へと広がるともとれる形状となっており、
北海道から広がる(発し、発展する)冬季スポーツ大会となることを願ったものです。


大会ロゴは、一般公募により作品募集を行った結果、日本全国から173件の応募をいただきました。
選考会による厳正な選考により、(株)須田製版 デザイナー 細川 耕司 さんの作品が採用され、今後、大会エンブレムとして本サイトのほか大会広報活動など、様々な形で使用されます。


大会エンブレム(ロゴ)使用上の留意事項

  1. 大会エンブレム(ロゴ)は、アジアオリンピック評議会(OCA)の承認を得て、第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会が著作権を有しているものです。
  2. 第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会の許可なく大会エンブレム(ロゴ)を使用することはできません。使用をご希望の場合には、必ず事前に当組織委員会にお問合せください。
  3. 特に商業的な活動に使用する場合には、第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会が今後実施するマーケティング活動に参加していただくことが条件となります。
  4. 報道機関の番組での使用、新聞・雑誌・インターネット記事の編集目的においての使用は可能です。ただし、大会エンブレム(ロゴ)の一部または全部を改めて使用することはできません。

このページのトップへ