ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > 札幌市白旗山競技場

札幌市白旗山競技場

印刷用ページを表示する 掲載日:2016.10.15

本格的なクロスカントリー・スキー 距離競技場として、1990年12月に完成。全長25kmの起伏に富んだコースは、当時 アジア初のFIS(国際スキー連盟)公認コースであり、1990年3月の第2回冬季アジア競技大会を皮切りに、ユニバーシアード冬季大会や、FISノルディックスキー世界選手権札幌大会など、いくつもの国際大会の会場となりました。
普段は国内大会が開催されるほか、歩くスキーコースとして市民に開放されています。また、夏季にはスタジアム内 発着場の芝生グラウンドをサッカー場として、外周をローラースキーコースとして一般開放しています。

住所

札幌市清田区真栄502番地1

交通アクセス

競技開催時は、札幌市営地下鉄東豊線「福住」駅およびイオンモール札幌平岡【清田区役所経由】よりシャトルバス(無料)を運行します。
時刻表などの詳細は、下記よりご確認ください。

2017冬季アジア札幌大会 シャトルバス情報 [PDFファイル/1.14MB]

※イオンモール札幌平岡に駐車可能(無料・台数に限りがありますのでお早めにお越しください)。

■その他のアクセス方法
札幌市営地下鉄東豊線「福住」駅から中央バス「白旗山競技場入口」下車 徒歩30分、 または「アンデルセン福祉村1丁目」下車 徒歩20分

※会場には駐車場がございませんので、公共交通機関やシャトルバスをご利用ください。

URL

白旗山競技場

開催競技

クロスカントリー

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページのトップへ