ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > 札幌市大倉山ジャンプ競技場

札幌市大倉山ジャンプ競技場

印刷用ページを表示する 掲載日:2016.10.15

1932年、60m級ジャンプ台「大倉シャンツェ」として開場し、改修を経て、1972年の札幌オリンピック冬季競技大会では90m級ジャンプ(現ラージヒル K点120m HS134m)の会場として使用されました。
毎年、FIS(国際スキー連盟)ワールドカップをはじめとする国際大会が数多く開催され、2007年には、アジアで初開催となったFISノルディックスキー世界選手権札幌大会の会場となりました。また、ナイタージャンプ大会や、サマージャンプ大会なども開催されています。
ジャンプ台の頂上部にあるラウンジと展望台からは、標高300mの地から札幌市内の眺望を楽しむことができます。また、2000年には展示や体験コーナーを備える「ウィンタースポーツミュージアム」が完成しました。

住所

札幌市中央区宮の森1274ほか

交通アクセス

札幌市営地下鉄東西線「円山公園」駅からJRバス西14番「大倉山競技場入口」下車 徒歩10分

URL

大倉山ジャンプ競技場<外部リンク>

開催競技

ジャンプ


このページのトップへ